広告を出さずともwebサイトへの集客が可能となるのがSEOライティングです。
SEOライティングを極めることで、検索上位に表示され、露出を増やすことが可能です。
ですから、SEOライティングを極めさえすれば、webサイト制作は成功したと言っても過言ではありませんでした。
しかしながら、現在は少し様相が変わってきています。

度重なるGoogleによる検索アルゴリズムのアップデート。
これによって、従来のSEOライティングをだけで、webサイトを検索結果の上位に表示させることが難しくなってきているのです。
Googleの検索アルゴリズムにあわせて、SEOライティングを施しても「上がる」サイトは上がるし、「上がらないサイト」は上がらない。
ここ数年はそんな状態が続いています。

ですから、高いレベルのSEOライティングができていたとしても、結果につながるとは限らないのです。
「上がらない」サイトでいくら頑張っても、骨折り損のくたびれもうけとなる可能性が高いでしょう。
つまり、SEOライティングができることと同じくらい、場合によってはそれ以上に大切なことがあります。

できればwebサイトを作成して、「SEOライティング頑張ろう」と思う前に、この大切なことを知っておく必要があります。
場合によってはSEOライティングより大切なこと。
それは、そのwebサイトが企業サイトか個人サイトかということ。
現在、Google検索の上位に個人サイトが上がっているジャンルはどんどん減ってきています。

逆に、企業サイトがGoogle検索の上位に名を連ねているジャンルが多くなってきました。
この企業サイト上位の傾向は年々強くなってきています。
個人サイトではどれだけSEOライティングが的確にできていたとしても、上位表示されない可能性が高いのです。
今後はSEO対策をしたいwebサイトが、企業サイトなのか個人サイトなのか、ここを押さえておく必要があるでしょう。
個人サイトであるならば、SEOライティングよりももっと効果的な対策があるかもしれません。