SEO対策を行いたい場合、今までは専門会社への依頼が主流でした。しかしSEO対策についてのノウハウや検証データが充分に集まった現在は、それらの情報や各種ツールを利用することで、個人でも取り組みやすくなっています。そして対策として行う方法が、SEOライティングです。SEOを意識したライティングであるため、一般的な文章とは書き方に違いがあります。

もっとも異なる点は、検索キーワードを意識して書くのが、SEOライティングとなります。今回は個人で立ち上げたホームページを例に、具体的なライティング手順をご紹介していきましょう。まず行うことは、サイトの目的やユーザー層をしっかり把握しておくことです。そしてサイトのコンテンツ全体が、それらの内容に見合うものでなければなりません。同時に行っていく作業は、ユーザー層の心理を考えて、使われやすいキーワードを選定していくことです。自分のサイトに訪れやすい人をイメージすると、キーワードの選定がスムーズになります。

キーワード選びはSEOライティングを行う上でとても大切なポイントです。もし選定がズレてしまうと検索されにくいため、閲覧者がこないサイトになってしまいます。検索する人にとって役立つ情報を提供できるかどうかを検証しながら、想定されるワードを一覧にまとめていきましょう。キーワードはメインになるモノと、それに関連するワードの両方を選定していきます。キーワードの検索ツールもありますから、ぜひ利用してみましょう。手間が掛かる作業ですが、SEOライティングで検索されやすいサイトに仕上げるためには欠かせません。

選定ができたら、キーワードに沿ったコンテンツを充実させていきます。メインのワードは本文のみならずタイトルにも使用することで、検索されやすいなります。SEOライティングを取り入れた文章をたくさんコンテンツに取り入れる程に、検索されやすくなります。またユーザー層にとって役立つ情報が多ければ、安定した閲覧数を維持しやすくなります。